年金を受給しながら働くには? (在職老齢年金)

老齢厚生年金を受給しながら働く場合は以下のように注意する必要があります。

[60-65歳未満の方]
「給与+年金」が月額28万円を超えると年金が減額又は支給停止されます。

※詳細な算出式
28万円 <= (月々の給与+賞与)/12 + (加給年金額を除いた老齢厚生年金(年額)/12)

[65歳以上の方]
「給与+年金」が月額46万円を超えると年金が減額又は支給停止されます。

※詳細な算出式
46万円 <= (月々の給与+賞与)/12 + (加給年金額を除いた老齢厚生年金(年額)/12)

在職老齢年金に関連する予備知識

[確定申告が必要]
年金を受給しながら働く場合は確定申告が必要となります。
※会社側と年金側の天引きで両方とも基礎控除38万円を受けてしまうからです。

[本人が65歳、配偶者が60歳の場合]
・本人が厚生年金保険の適用事業所で勤務している場合は厚生年金保険に加入します。
配偶者は60歳からは第3号扶養者にはならず国民年金に任意加入となります。
※任意加入に関しては国民年金の支払い期間が満期(40年間)以外の方に限る。
※厚生年金保険は原則として70歳未満まで強制加入となります。(勤務時間にもよります)

スポンサーリンク
total: today: yesterday: