加給年金と特別加算とは?

厚生年金保険の被保険者期間が20年以上ある方で、
配偶者(65歳未満)、子(18歳未満)がいる場合は年金が加算されます。(加給年金)

対象者 加給年金額(年額)
配偶者 224,000円
子(1-2人目) 各224,000円
子(3人目以降) 各74,600円

更に、老齢厚生年金を受けている方の生年月日により配偶者の加給年金額に33,000円~165,200円が特別加算されます。(加給年金の特別加算)

受給権者の生年月日 特別加算額(年額)
昭和18年4月1日以前 33,000円 ~ 132,200円
昭和18年4月2日以後 165,200円

振替加算とは?

加給年金は配偶者が65歳になると打ち切られます。

その代わりに配偶者が老齢基礎年金を受給可能な場合は、
配偶者の老齢基礎年金に一定の金額が加算されます。(振替加算)

[対象者(配偶者)]
・生年月日が大正15年4月2日 ~ 昭和41年4月1日生まれの方。
・厚生年金保険または共済組合等の加入期間が240月未満の方。
※生年月日が昭和26年4月1日以前の方は厚生年金保険または共済組合等の35歳以降の加入期間が15年~19年未満の方。(昭和25年度は19年、昭和24年度は18年・・・)

[振替加算金額]

生年月日 振替加算額(年額)
大正15年度 ~ 昭和1年度 224,000円
昭和2年度 218,000円
昭和3年度 212,100円
昭和4年度 206,100円
昭和5年度 200,000円
昭和6年度 194,200円
昭和7年度 188,200円
昭和8年度 182,100円
昭和9年度 176,300円
昭和10年度 170,200円
昭和11年度 164,200円
昭和12年度 158,400円
昭和13年度 152,300円
昭和14年度 146,300円
昭和15年度 140,400円
昭和16年度 134,400円
昭和17年度 128,400円
昭和18年度 122,500円
昭和19年度 116,500円
昭和20年度 110,400円
昭和21年度 104,600円
昭和22年度 98,600円
昭和23年度 92,500円
昭和24年度 86,700円
昭和25年度 80,600円
昭和26年度 74,600円
昭和27年度 68,800円
昭和28年度 62,700円
昭和29年度 56,700円
昭和30年度 50,800円
昭和31年度 44,800円
昭和32年度 38,800円
昭和33年度 32,900円
昭和34年度 26,900円
昭和35年度 20,800円
昭和36年度 ~ 昭和40年度 15,000円
昭和41年4月2日以後 -

加給年金、特別加算、振替加算を申請するには?

基本的に年金を請求する際の裁定請求書の各項目を正確に記入すればOKです。
ですが念のためにお近くの年金事務所に電話連絡などで確認しましょう!

スポンサーリンク
total: today: yesterday: